WordPressで記事の更新情報を各SNSアカウントに自動投稿する方法!

WordPressで記事の更新情報を各SNSアカウントに自動投稿する方法!

更新型のメディアサイトを持っている人の場合、更新情報を各SNSに投稿するのは重要なマーケティング戦略ではありますが、いかんせん記事の更新数が多い場合、手動で更新するのは結構面倒ですよね。

そんな中、Wordpressであればプラグインを使用して、記事の更新情報を各SNSアカウントに自動投稿する事も可能です。

今回はそのやり方について解説していきたいと思います。

使用するプラグインは「Social Networks Auto-Poster」

今回使用するプラグインは、「Social Networks Auto-Poster」というプラグインです。

略してSNAPなんて呼ばれますが、これが非常に便利なプラグインなんです。

対応しているSNSサービスですが、無料で使用できるものと、有料版にアップデートした時に使用可能となる物があります。

ですが、「日本で集客として利用するのであれば、これさえ押さえておけば良いだろう!」と考えられる、TwitterとFacebookは無料で使用可能ですので、こちらのふたつに絞って設定方法を解説していきます。

インストール方法

WordPressプラグインの新規追加画面から、「Social Networks Auto-Poster」と検索してください。

SNAP

こちらが確認出来ましたら、「今すぐインストール」を押して先に進んでください。

設定方法

インストールが完了しましたら、Wordpress設定画面の、「設定⇒{SNAP}Social Networks Auto Poster」と進んでください。

SNAPの設定

この画面の「Add new account」から、設定したいSNSサービスを選択します。

Twitterの設定方法

最初に、Twitterのアカウントで勝手に呟かせる為に、TwitterのAPIキーを取得しなくてはなりません。

あまり深く考えずに、これが必要なんだと思って進めて頂ければと思います。

事前準備ですが、TwitterのAPIキーを取得する為には、Twitterアカウントに電話番号を追加しなくてはなりません。

電話番号の追加が出来ていない場合は、Twitterの「設定⇒モバイル⇒電話番号を追加」で電話番号を追加してください。

まずは、「Twitter Application Management」にアクセスします。

そして、右上の「Have an account? Sign in」からログインしてください。
Twitter API sign in

すると、以下の画面に移動します。
Create an application

ここでは、以下の3項目を入力します。
Name:サイト名+Autopostとかで良いです。
Description:どんな用途で使うかなどの説明文を書いてください。
Website:自動投稿させるWEBサイトのURLを入力。

上記の項目が記入出来たら、先に進んでください。

API登録後

進むと、上記の画面になると思うので、赤枠内の、「Keys and Access Tokens」をクリックしてください。

Application Settings
まずは、上側の、「Consumer Key (API Key)」と「Consumer Secret (API Secret)」をメモしておいて下さい。

次に、下に行くと、「Your Access Token」と書かれていますので、「Create my access token」をクリックしてください。
Your access token
こちらでは、「Access Token」と「Access Token Secret」の二つをメモしておいてください。

これで準備は完了です。

それでは、Wordpress設定画面の、「設定⇒{SNAP}Social Networks Auto Poster」へと戻ってください。

次に、「Add new account」から「Twitter」を選択してください。
Twitterの設定

Your Twitter URL:TwitterアカウントのURL
Your Twitter API Key:先程メモした物
Your Twitter API Secret:先程メモした物
Your Access Token:先程メモした物
Your Access Token Secret:先程メモした物
Attach Image to Twitter Post:投稿時にアイキャッチを表示させたい場合はチェックを入れる

上記の様に入力していってください。

これで設定は完了ですが、うまく設定できているかのテスト投稿を行いましょう。

WordPress設定画面の、「投稿⇒投稿一覧」から、好きな投稿を選んでください。

投稿編集画面の下の方に、「NextScripts:Social Networks Auto Poster – Post Options」という項目が出ているのが分かると思います。

そこのTwitterの値の右側に、「Repost to Twitter」と書かれたボタンがあると思いますので、そちらをクリックしてみてください。

自分のTwitterアカウントで呟かれていれば成功です。

Facebookの設定方法

続いて、Facebookの設定方法になります。

まずは、「Fecebook for developpers」にアクセスします。

そして、右上の「log in」からログインしてください。

すると以下の様な画面が現れると思います。

Add a New App
出てこなければ、右上のタブから「Add a New App」を選択してください。

この画面では、「ウェブサイト」を選択してください。

Quickstart
こちらで入力したIDは、投稿者として表示されますので、「サイト名+Autopost」などで良いと思います。

入力出来たら、「Create New Facebook App ID」をクリックしてください。

進むとカテゴリを求められますが、カテゴリは何でも大丈夫です。

更に進むと、「Setup the Facebook SDK for JavaScript」と出てきますが、これをスルーして、下の「Tell us about your website」に自分のサイトのURLを入力してください。
Tell us about your website
ここでは他に設定する事がありませんので、一番下までスクロールすると、「Fnished!」と表示されるので、表示を確認後一番上まで戻り、右上の「Skip Quick Start」をクリックしてください。

すると以下の様な画面になると思います。
Dashboard
ここで、「App ID」と「App Secret」をメモしておいてください。

Facebookの設定はこれで完了です。

それでは、Wordpress設定画面の、「設定⇒{SNAP}Social Networks Auto Poster」へと戻ってください。

次に、「Add new account」から「Facebook」を選択してください。
Facebookの設定
Account Nickname:適当な設定名
Facebook URL:FacebookページのURL
Facebook App ID:先程メモした物
Facebook App Secret:先程メモした物

上記を入力して、「Updata Settings」をクリックしたら完了ですが、アカウント認証をしなければなりません。
Facebookの設定
赤枠内の、「Authorize Your Facebook Account」をクリックして認証を終えればFacebookの設定は完了です。

では、Twitterと同様にテスト投稿を行いましょう。

やり方は一緒で、Wordpress設定画面の、「投稿⇒投稿一覧」から、好きな投稿を選んでください。

投稿編集画面の下の方に、「NextScripts:Social Networks Auto Poster – Post Options」という項目が出ているのが分かると思います。

そこのFacebookの値の右側に、「Repost to Facebook」と書かれたボタンがあると思いますので、そちらをクリックしてみてください。

Facebookページに投稿されていたら設定は完了です。

まとめ

SNS二大サービスであるTwitterとFacebookを自動投稿できるプラグインの紹介でした。

他のSNSサービスにも対応していますので、これと同様の手順で進めてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です