ポケモンGOのデータ通信量やバッテリー(電池)の消費量ってどれくらい?通信制限にかからない為には?

ポケモンGOのデータ通信量やバッテリー(電池)の消費量ってどれくらい?通信制限にかからない為には?

とうとう日本でもポケモンGOが配信され、SNS上ではポケモンの話題でいっぱいです。

僕も早速DLして遊んでいるのですが、外に出る気がせず、未だにヒトカゲをゲットした状態で止まっています。

ポケモンGOは位置情報を利用して遊ぶゲームなので、外を出歩く必要があり、歩きスマホの人が増えるのでは?と問題視されていますが、僕が気になっているのは外でスマホゲームを利用する以上、4G回線で遊ぶ必要があるので、データ通信量はどの程度なのか?電池の消費量は?という点です。

そこで、実際にポケモンGOをプレイしながら、それぞれについて調べて見ました!

大体1時間プレイし続けると約10MBも消費する!

端末などの動作環境によって若干データ通信量は異なりますが、平均として、ポケモンGOを1時間プレイすると約10MB消費してしまいます。

プレイ時間が長い人でも、1日3時間くらいだとして、1日30MB。

10日で300MB、1ヶ月で900MBの消費量となります。

この点から見ると、データ通信量はそれ程気にする事は無いのかな?と思います。

もちろん、中には1日8時間くらいやる人もいるかと思いますが、それでも月に3GBもいかない計算になりますので、データ制限に引っ掛かったりするレベルではなさそうです。

もしも、普段から動画などを見て、データ通信量の制限が気になってしまう方は、モバイルWi-Fi(WiMAXなど)を契約するのが良いでしょう。
参考:モバイルWiFiルーターを比較しておすすめの一台を決めてみたよ!

モバイルバッテリーの減りが結構えぐい!

データ通信量はそれ程気にする事はないと思いますが、モバイルバッテリーの減りスピードはかなりえぐいです!

僕は購入してから1年も経っていないiPhone6Sでプレイしていますが、30分ずっとプレイしてみた所、100%から84%まで電池が減少していました。

もちろん、これも端末などの動作環境によって異なりますが、調べたところ、平均として30分のプレイで約15%のバッテリーが消費されるようです。

1時間で30%ですから、約3時間半でバッテリーが切れてしまう計算になります・・・。

基本的に外でプレイするゲームですので、バッテリーが切れてしまってはどうする事も出来ないので、モバイルバッテリーは必須となるでしょう。
ANKERのモバイルバッテリー
僕は以前フェスに行く時用に買ったAnkerのモバイルバッテリーが今年の夏も活躍してくれそうです。

大容量なので、一回充電したら一日中外で遊んでいても大丈夫で心強いです。
AndroidもiPhoneも対応
この様に、USBの差込口が2つあり、Android端末でもiPhoneでもどちらでも充電出来るのが嬉しいですね。

データ通信量は気にする事は無いけどモバイルバッテリーの消費だけ気を付けて!

まとめとしては、データ通信量は気にする事は無いけれど、バッテリーの消費だけは気を付けて下さい。

ポケモンGOは海外では事件が起きる程の大人気ですが、日本ではどうなのでしょうか。

歩きスマホ、特にお子さんが外でポケモンGOで遊ぶ際は、親御さんは目を離さない様にして、事故に巻き込まれない様にして頂きたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です